贈与税非課税枠1500万円に!その2

みなさん、こんにちは(@⌒ー⌒@)ノ

 

最近、たい焼きにハマってしまって、

 

この間、本荘方面まで、たい焼きを

 

買いに行ってしまいました・・・( ̄ー ̄;

 

  

さて、今日も前回に引き続き、贈与税について

 

もうすこしお話をしたいと思います。

住宅資金の贈与を受けた場合、

 

住宅の持分比率も、資金提供比率に

 

合わせなければいけません。

 

例:2000万円の住宅を建築する場合

○奥様の両親からの資金提供:1000万円

○ご主人さんの住宅ローン借入れ:1000万円

 

こんな例の場合、ご主人さん1人だけの持分に

 

してしまうと、ご主人さんが贈与を受けたことになり

 

贈与税が発生します。

 

そして重要なのは、直系尊属からの贈与かどうかという

 

いうことです。

 

この場合、奥様のご両親はご主人さんの直系尊属

 

ではないので、非課税枠は通常の110万円が限度額

 

となってしまいます。

 

そうなると支払う贈与税額はなんと・・・

 

約231万円!!w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

 

高すぎる・・・(; ̄Д ̄)

 

税金の話は複雑ですし、面倒なところはありますが、

内容をよく把握して、うまく活用していきましょう♪

 

それでは今日はこのへんで( ̄▽ ̄)ノ~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

♪自然素材の家『地球庵』はこちら

♪お問い合わせ・資料請求はこちら♪ 

 

♪幸せな家づくりは資金計画から♪

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~