お値打ち価格の秘密

お値打ち価格のわけ

経費のかかるモデルハウスはありません。

大手の住宅会社やハウスメーカーの多くは、立地のいいバイパス沿いなどに、

立派なモデルハウスや事務所を建てています。

しかし当然のことですが、モデルハウスは多額の経費がかかります。

立地のよい高い土地を買って(借りて)、豪華な建物を建てて…。

そして、ソファーやベッド、観葉植物などを置いてイメージを良くします。

さらに無人って訳にはいかないので、案内人まで雇って…。などなど。

モデルハウスは、皆さんが建てる家の3倍~5倍もの金額をかけて造られたものです。

私たちは数人で営んでる地元の工務店なので、とてもそんな経費はありません。

しかし、よく考えてみてください。

モデルハウスを維持するための経費って、結局、契約頂くお客様のご負担になるんです。

私たちは、お客様にお値打ちな家をご提案させて頂くために、

経費のかかるモデルハウスは持たないことに決めています。

お客様からお預かりする大切な資金は、

可能な限り建物工事費に活かしたいのです。

ですから私たちには、
そんな経費のかかるモデルハウスなんてあるはずもありません。

狭い土地に平屋の事務所、作業小屋だけです。

倉田住建

直接施工により、中間マージンをなくしました。
ほとんどのハウスメーカー、地元の工務店以外の会社の発注フロー
住宅建築発注フォロー
親ガメ、子ガメ、孫ガメじゃないけれど…
これらの各マージンもお客様の負担になってしまいます。
倉田住建の発注フロー
発注フォロー
私たちは、全ての建物を直接施工しています。
仕入れも直接メーカーと交渉して、コストを下げる努力をしています。
人件費を抑えています。
営業マンはいません。

多くの住宅会社やハウスメーカーの営業マンが、一体いくらの給料をもらっているかご存知ですか?
1ヶ月に1棟の契約を取る営業マンは、年収で約1000万円を超えるそうです。
私たちは、そんな高給取りの営業マンなど使えないし、また、使う気もありません。
営業みたいなことは社長である私自ら行い、人件費を抑えています。

広告費も抑えています。

大手の住宅会社やハウスメーカーの新聞広告は、本当に豪華絢爛なものが多いですよね。
ある会社の調査によると、通常ハウスメーカーの広告費は、住宅1棟分の30%にもなるとの報告もありました。

新聞広告だけでなく、テレビやラジオで有名人を使ったコマーシャルなどは、莫大な経費がかかります。そんな広告費をかけないと受注できない業者が多いのです。

倉田住建では、1年に2~3回の内覧会の広告とそれ以外はB5サイズやそれ以下の小さい広告にして、広告費を抑えています。



プレゼント